「(目的語)を…に減らす」という意味の英語表現

「(目的語)を…に減らす」という意味の英語表現

場面:Estherは出産を間近に控えているMarikoと話しています。

◆まずは2人の会話から

Esther: Hey, so have you decided on a name yet?

Mariko: Almost. We’ve narrowed it down to just two. But we still can’t decide.

Esther: It must be tough.

Mariko: Oh yeah, we’ve gone through every baby name in the world.

Esther: So what are the two options?

Mariko: Well, he likes the name ‘Jemima’, but I kind of prefer ‘Naomi’.

Esther: They’re both cute names.

Mariko: I know. I’m really in two minds about it.

Esther: Hmm, if I were you, I’d go for ‘Naomi’.
    That works both in English and Japanese.

Mariko: Hey that’s true! I’ll tell him as soon as I get home. Thanks!

*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

◆日本語訳はこちらです。

Esther: ねえ、ところで名前はもう決めてあるの?

Mariko: 大体はね。2つの候補に絞ったわ。でもまだ決められないの。

Esther: 大変そうね。

Mariko:それはもう、世界中の全ての赤ちゃんの名前を調べたわよ。

Esther: それで、2つの候補は何なの?

Mariko: ええと、彼は‘Jemima’が良くて、私は‘Naomi’が良いと思ってるの。

Esther: どっちも可愛い名前ね。

Mariko: そうなの。本当に迷ってるのよ。

Esther: うーん、もしも私なら‘Naomi’にすると思うわ。
    英語でも日本語でも通る名前だもの。

Mariko: 確かにそれはそうね!帰ったらすぐに彼に言うわ。ありがとう!
*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

▼会話に出てきたポイントCHECK▼

●narrow ~ down to… ~を…に絞る
“narrow”には、「狭くする」「削減する」などという意味があります。
“narrow (目的語)down to…”は、「(目的語)を…に絞る」、
「(目的語)を…に減らす」という意味のフレーズです。

例)Nathan とRebeccaは外食しようとしています。
Nathan : What would you like? We could have Korean, Mexican, Indian,
     soba, Italian or Chinese.
Rebecca: Well, I hate spicy food and I’m allergic to soba.
     So that narrows it down to Italian or Chinese.
Nathan : 何が食べたい?韓国料理、メキシコ料理、インド料理、そば、
     イタリアン、中華とかかな。
Rebecca: そうね、辛い物は苦手だし、そばはアレルギーがあるの。
     ということは候補はイタリアンか中華に絞れたわね。

●go through ~ ~を(一つずつ順番に)検討する
「通りぬける」、「経由する」などと言う意味もありますが、ここでは
一つずつ順番に検討したり入念に調べたりする様子を表しています。

例)Elai とSolomonは新しいスタッフを採用しようとしています。
Elai : Wow! We’ve received a lot of applications for this post.
Solomon: I know. We’re going to have to go through each of their
     resumes very carefully. We really need to
     get the right person.
Elai : すごい!この仕事にはたくさんの応募がありましたね。
Solomon: そうですね。全ての履歴書を入念に見なければなりませんね。
     本当に適した人材が必要ですから。

●in two minds 決めかねている
物事に対する考え方や、思考・感情が二つに分かれている状態を表し、何か
を決めかねていたり、心がぐらついていたりする状態を表すフレーズです。

例)Madeleine とSamはバケーションを計画中です。
Sam : How about going to Guam?
Madeleine: Hmm, I’m not sure. I’m in two minds about whether we
      should go to the beach or sightseeing in Europe.
Sam : グアムはどう?
Madeleine: うーん、どうかしら。ビーチリゾートに行くべきかヨーロッパ
      観光に行くべきか決められないのよ。

●go for 選ぶ
“go for”には「(楽しいことを)行う」、「得ようとする」などさまざま
な意味がありますが、ここでは選択肢の中からある特定のものを選び、
決定することを表す意味で使われています。

例)Josh とSarahはレストランで夕食を食べるところです。
Josh : Have you decided yet?
Sarah: Yeah, I think I’ll go for the chicken. It looks pretty good.
Josh : 何にするか決めた?
Sarah: ええ、このチキンにしようと思うわ。とてもおいしそう。

(記事提供:Gabaマンツーマン英会話)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!