“sweltering”ってどういう意味?

“sweltering”ってどういう意味?

場面:バレットはビーチから帰って来たところです。
   ルームメイトのジャックはカーテンを引いた部屋でテレビゲームをしています。

◆まずは2人の会話から

Barrett: Oh man! It’s gorgeous out there! I love summer.

Jack  : Are you crazy? It’s sweltering out there.

Barrett: Yeah. Great, isn’t it?

Jack  : No! You ought to be careful.
     You’re going to burn to a crisp if you stay on the beach so long.

Barrett: And you ought to do a little work on that tan.

Jack  : I don’t know how you can stand it.
     It’s stifling as soon as you step out of the door.

Barrett: Oh come on! It’s not that bad.
     Let’s head down there together tomorrow. It’ll be fun.

Jack  : No way! I’m staying in here where it’s nice and cool.

Barrett: It’s not healthy to stay in like this.
     You really need some vitamin D.

Jack  : Look, if you want to look like a lobster all summer that’s your problem,
      but I’m staying indoors with the A/C on full.

*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

◆日本語訳はこちらです。

Barrett: ああ!すごく良い天気だったよ!夏っていいなあ。

Jack  : 気は確かなのか?外はうだるような暑さじゃないか。

Barrett: うん、最高だろ?

Jack  : ちっとも!気を付けた方がいいぞ。あまり長くビーチにいると黒こげになるから。

Barrett: お前はもう少し日に焼けた方がいいよ。

Jack  : どうしたら耐えられるのか理解できないよ。ドアから出た途端、息が詰まるほど暑いだろ。

Barrett: またまた!そこまでひどくはないだろ。明日ビーチに一緒に行こうよ。楽しいからさ。

Jack  : お断り!俺は涼しくて快適なこの場所にいるよ。

Barrett: こんな風に家にいるのは健康的じゃないって。ビタミンDが必要だよ。

Jack  : いいか、もし日焼けして夏中真っ赤でいたいならそれはお前の問題だが、
     俺はエアコンフル稼働の室内から出ないからな。

*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

▼会話に出てきたポイントCHECK▼

●sweltering うだるように暑い
うだるような、地獄のような暑さを示す形容詞で、“I’m sweltering”で
「(私は)汗だくです」と訳すこともできます。
“swelter”は「暑さにまいっている状態」という意味の名詞、もしくは
「暑さにうだる」という意味の動詞として使われています。

例)ふたりはサウナにいます。
Alan : Phew! I think I need to get out and have a cold shower.
James: Me too, it’s absolutely sweltering in here.
Alan : ふう!僕は出て冷たいシャワーを浴びようと思うよ。
James: 僕も、全くここは地獄みたいな暑さだ。

●burn to a crisp 黒こげに焼ける
食べ物の食感が“crisp”(カリカリ、パリパリした状態)になるまで焦がす
ことを意味します。比喩的に、人が日に焼けて真っ黒くなることにも
使用できます。

例)エリックはステーキハウスでウェイターを呼びました。
Waiter: What seems to be the problem sir?
Eric : It’s my steak. I ordered well-done, not burnt to a crisp!
Waiter: お客様、どうなさいましたか?
Eric : このステーキなんだけど。僕が頼んだのはウェルダンで、黒こげじゃない!

●sounds like ~のよう(に聞こえる)
聞いたことや説明されたことなどに対し、自分の意見や感想を述べる時に
使います。「~そうだ」、「~みたいだ」などと訳すことが出来ます。

例)ふたりは政治について話しています。
James : The government just passed the “Luxury Goods Revenue Act”.
Samantha: Sounds like higher taxes to me.
James : 政府がたった今「贅沢品歳入法」を通したよ。
Samantha: 私には増税と聞こえるわ。

●stifling 息が詰まるほど暑い
蒸し暑く、息苦しい状態を指します。

例)マルコムはシンガポール旅行から帰ってきました。
Derek : Hey, welcome back. How was your trip?
Malcolm: The food and the hotel were fantastic, but it’s hard to
     enjoy it when the weather is so stifling.
Derek : やあ、おかえり。旅行はどうだった?
Malcolm: 食事もホテルも素晴らしかったけど、
     あの息詰まるほど暑い気候じゃ楽しむのは難しいよ。

●look like a lobster 真っ赤になる
言葉通りだと「ロブスターのように見える」ですが、通常日焼けで
ロブスターのように真っ赤な肌になることを意味します。

例)現在イギリスは冬、ふたりはハワイ旅行を予約しました。
Marina: I can’t wait to go. I’m sick of all this rain.
Kathy : Me too, but we’d better take plenty of sun cream or
    we’ll come back looking like lobsters.
Marina: 行くのが待ちきれないわ。雨ばかりでうんざりよ。
Kathy : 私もよ、でも日焼け止めクリームはたくさん持って行った方が
    良いわね、さもないと真っ赤になって帰ってくることになるわ。

(記事提供:Gabaマンツーマン英会話)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!