相手を励ましたり、なだめて落ち着かせたい時に使える英語表現

相手を励ましたり、なだめて落ち着かせたい時に使える英語表現

場面:ルームメイトのふたりが朝食を食べています。

◆まずは2人の会話から

Burt  : Ugh, Oh no!

Sheldon: I spilled orange juice all myself! I’m such an idiot!

Burt  : Hey now, it’s not the end of the world. I’ll get you a cloth to clean up.

Sheldon: Thanks. I’m having the worst week.

Burt  : What’s been happening?

Sheldon: Well a couple of days ago my girlfriend and I got in a big fight.
      She’s been giving me the cold shoulder ever since.

Burt  : Sorry buddy, that’s rough.

Sheldon: Yeah, and then yesterday when I was driving home I got into a fender bender.

Burt  : I didn’t know that. I’m glad you’re alright.

Sheldon: And it’s another miserable rainy day…

Burt  : Tough times my friend, but look on the bright side ?
      you have an excellent roommate.

Sheldon: Haha… That’s true.

*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

◆日本語訳はこちらです。

Burt  : うわ、あーあ!

Sheldon: オレンジジュース全部自分にこぼしちゃったよ! なんて間抜けなんだ、俺は!

Burt  : まあまあ、そんな大したことじゃないだろ。 ふきん持ってくるから拭きなよ。

Sheldon: 悪いな。もう最悪の一週間だよ。

Burt  : 何があったんだ?

Sheldon: 数日前に彼女と大喧嘩してさ。 それ以来、彼女に冷たい態度取られてるんだ。

Burt  : それは大変だな、つらいだろ。

Sheldon: ああ、それで、昨日は車で家に帰る途中に接触事故に遭ってさ。

Burt  : 知らなかったよ、それ。無事で良かった。

Sheldon: おまけに今日もゆううつな雨の日…

Burt  : 苦しい時期だな、でも良いこともあるじゃないか、お前には素晴らしいルームメイトがいるだろ。

Sheldon: はは…そうだな。
*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

▼会話に出てきたポイントCHECK▼

●It’s not the end of the world この世の終わりじゃあるまいし
失敗したり、落ち込んだりしている人を励ましたり、感情的になっている
相手をなだめて落ち着かせる時に使うフレーズです。「そんなに悲観するこ
とはない」、「より悪い状況だってある」、と訳すこともできます。

例)ふたりは外食をしています。
Albert: I can’t believe what a jerk that waiter was. Geez,
    I’m so annoyed!
Debbie: Relax, it’s not the end of the world.
Albert: あのウェイターなんて嫌なやつなんだ、信じられない。
    まったく、腹が立つな!
Debbie: 落ち着いてよ、そんなに大したことじゃないでしょう。

●give the cold shoulder 意図的に無視をする、冷たい態度を取る
cold shoulderは「冷たい態度」と言う意味で、
give the cold shoulder to~で、相手(知人)に対して拒絶的な態度を
取ったり、冷たくしたりするという意味になります。
冷たい態度を受ける場合にはgiveの代わりにgetやreceiveを使います。

例)ふたりはランチを取っています。
Charlene: I don’t get it. Why is James ignoring me? Is he upset?
Frank  : James is always giving someone the cold shoulder,
     don’t worry about it.
Charlene: 分からないわ。なんでジェームスは私を無視してるの?
     何か怒ってるの?
Frank  : ジェームスは常に誰かに冷たい態度を取ってるんだ、
     心配することないよ。

●fender bender (自動車の)接触事故
fenderとは自動車車体にある衝撃から守るための部位のことで、
それが曲がる(bend)程度の自動車事故のことを指します。

例)ジェイミーは上司と話しています。
Ms. Stone: Why are you late?
Jamie  : I’m so sorry, I got in a fender bender on the way.
      I tried to call but I didn’t have any signal.
Ms. Stone: なぜ遅刻したの?
Jamie  : 申し訳ありません、向かっている途中で接触事故に遭って
      しまいまして。電話をかけようとしたんですが、
      電波がなかったんです。

●look on the bright side 物事の明るい面をみる、ポジティブに考える
良くない状況や事態から、できるだけのことをするという時に使う表現です。
「前向きに考える」、「気楽に考える」、などと訳すこともできます。

例)ふたりは歳を取ることについて話しています。
Ima  : My bones ache… It’s no fun growing old.
Eleanor: True, but look on the bright side,
     we don’t have to work anymore.
Ima  : 体の骨が痛いわ… 歳を取るって面白くないわね。
Eleanor: そうね、でも良いこともあるわよ、もう働かなくて良いんだから。

(記事提供:Gabaマンツーマン英会話)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!