「見る」を意味する動詞の違い① “see” [日常英会話]

「見る」を意味する動詞の違い① “see” [日常英会話]

あなた:Did you see Spielberg’s latest movie?
(スピルバーグの最新映画見た?)

友達:Not, yet. Was it good?
(まだだよ。良かった?)

あなた:No, I haven’t seen it yet, but I’m going to theater tomorrow.
(違うの。私もまだ見てないんだけど、明日映画館に行くんだ)

友達:I’d rather watch movies on DVD at home.
(私は、映画は家でDVDで見るほうがいいな)

英語には、日本語の「見る」の意味を持つ単語が複数存在します。

その中の1つである “see” は、「特に注意を払わずに見る」または

「目に見えている」状態のことで、「見る」「見えている」という意味で

使われる単語です。

また、動いていないものを見る場合も “see” を使います。

ただ映画を見る場合、映画の映像は動いていますが、映画館などの大きな

スクリーンで見る場合には、”see” を使います。

「見る」から意味がさらに発展して、「わかる」「理解する」という意味も

持ちます。

“I see.” (なるほど)

“Do you see what I’m saying?” (私の言っていることがわかりますか?)

ほかにも、命令形で「ほら」「やっぱり」という意味や、現在進行形で

「(異性と)付き合っている」という意味もあります。

“See, you did it again.” (ほら、また同じことしたでしょ)

“I’m seeing Jeff.” (私はジェフと付き合っている)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!