体の不調を伝えたい!頭痛・腹痛・歯痛に使う”ache” [日常英会話]

体の不調を伝えたい!頭痛・腹痛・歯痛に使う”ache” [日常英会話]

友達:Why don’t we go for a drink after work?
(今日、仕事帰りに飲みに行かない?)

あなた:Oh, I’d love to, but I think I shouldn’t do so today.
(すごく行きたいんだけど、今日は行かないほうがいいと思う)

友達:Oh, why? What’s wrong?
(なんで、どうかしたの)

あなた:Because I have a slight headache.
(少し頭が痛いんだよね)

友達:Oh, that’s too bad. Why don’t you take some aspirin?
(それは大変だね。アスピリン飲んだら?)

あなた:Thank you. I will.
(ありがとう。そうするね)

頭が痛い、お腹が痛い、歯が痛い、背中が痛い・・・
これらの体の不調に共通する言い方が、”ache” (痛み) を使った表現です。

発音は「アチェ」ではなく「エイク」です。
体の部位の名前+ache で「~痛」という意味になり、
“have a ~” を使って表現されます。

  I have a headache. (頭痛がある→頭が痛い)
   stomachache(腹痛)   stomach + ache
   backache(背中の痛み)  back + ache
   toothache(歯痛)   tooth + ahce
   throat ache (喉の痛み)
  ※喉の場合は2単語に分けて表記します。
   また”throat ache”よりも”sore throat”のほうがよく使われます。
   ”sore”は、「痛い」「ヒリヒリする」「荒れた」の意味で、
   風邪による喉の痛みがこれにあたります。

また”ache”の代わりに”pain”を使うこともできます。
さらに”ache”には名詞(痛み)のほかに動詞(痛む)の意味を持つ単語です。
  My head aches. (頭が痛む)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!