“go over”ってどういう意味?

“go over”ってどういう意味?

場面:BenとGaryはある企業の部長同士です。Garyは Benとのミーティングを設定するために電話をしています。

◆まずは2人の会話から

Ben : Hello?

Gary: Hi Ben, it’s Gary.

Ben : Hey Gary, what’s up?

Gary: I was wondering if you had a second this week to chat.

Ben : Sure, what about?

Gary: Well, we need to go over the budget proposal for next year.

Ben : Right. When do you have in mind?

Gary: How about Wednesday morning?

Ben : Sorry, that’s no good. I have a meeting with the chief then.

Gary: Ah OK. Would Thursday afternoon be better?

Ben : Now you’re talking. Shall we say 3 o’clock?

Gary: Works for me.

Ben : Great, I’ll see you then.

*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

◆日本語訳はこちらです。

Ben : もしもし?

Gary: やあBen、Garyだけど。

Ben : やあGary、どうかしたかい?

Gary: 今週少し話す時間があるかと思って。

Ben : もちろんさ、何の件?

Gary: 来年の予算案を見直さないと。

Ben : そうだな。いつが良いか希望は?

Gary: 水曜日の午前中はどうだい?

Ben : ごめん、そこはだめだ。 上司とのミーティングが入ってる。

Gary: わかった。木曜日の午後ならどうかな?

Ben : それで決まりだ。3時にするかい?

Gary: いいよ。

Ben : 良かった、じゃあその時に。
*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

▼会話に出てきたポイントCHECK▼

●“go over” 見直す
入念に調べ、見直すという意味です。あることを学ぶために何度も繰り返し
練習をする、理解をするために深く考える、などの意味もありますが、
ここでは書類などに再度目を通すという意味で使われています。

例)PhilipとDorisは会社役員です。
Philip: What’s next on the agenda?
Doris : Well, we need to go over the nominees for CEO.
Philip: 次の議題は何ですか?
Doris : ええと、CEOの候補者の見直しです。

●“have in mind” ~しようと考えている
ある目的に対して~をしようと考えている、~あること(人)のことを考えて
いる、と言う意味のイディオムです。

例)TammyとSeamusは隣のデスクに座る同僚同士です。
Tammy : Do you want to get lunch?
Seamus: What do you have in mind?
Tammy : How about that new Italian place?
Tammy : ランチ行かない?
Seamus: どこか行きたいところある?
Tammy :あの新しいイタリアンはどう?

●“the chief” 上司
ともとは部族の指導者と言う意味の言葉ですが、“Boss”と同じく「上司」
いう意味で使います。フォーマルではない会話の中で使用する言葉です。

例)HarrisとAllisonは同僚同士です。
Harris : Can you talk for a second?
Allison: Sorry, I have to go meet the chief, I’ll speak with you later.
Harris : ちょっと話せます?
Allison: ごめんなさい、上司に会いに行かなければいけないので後ほど伺います。

●“Now you’re talking” それで決まり、その通りだ
言葉通りの意味は「今あなたは話している」となりますが、相手の意見に
賛成し「そうこなくっちゃ」、「話がわかるね」などという意味で使われる
イディオムです。

例)Adamはドバイの市場でGeorgeに土産物を売ろうとしています。
George: Thirty dollars is too much for this souvenir.
Adam : OK, OK. How about twenty?
George: Now you’re talking. I’ll take it.
George: この土産に30ドルは高すぎるな。
Adam : わかったわかった。20ドルならどうだい?
George: そうこなくっちゃ。それ買うよ。

(記事提供:Gabaマンツーマン英会話)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!