“a big break”ってどういう意味?

“a big break”ってどういう意味?

場面:ふたりはソーラーパネルを作る会社に勤めています。

◆まずは2人の会話から

Barry : You look happy, what’s happening?

Fumiko: Haven’t you heard? Our stock price has gone through the roof!

Barry : Really? That’s great news. But why?

Fumiko: The Energy Secretary just gave a speech.
    The government is starting a green energy incentive.

Barry : “Green energy incentive”? What on earth does that mean?

Fumiko: It sounds like a combination of tax breaks, subsidies,
    and government investment for companies like us.

Barry : No wonder our stock is up.

Fumiko: Yeah. It’s definitely a big break for us.

*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

◆日本語訳はこちらです。

Barry : 嬉しそうですね、どうしたんですか?

Fumiko: 聞いていませんか?我が社の株価が急騰したんですよ!

Barry : 本当に?それは良い知らせだ。でもなぜです?

Fumiko: エネルギー庁長官が先ほど発表したんです。
    政府がグリーンエナジーインセンティブを始めるって。

Barry : 「グリーンエナジーインセンティブ」? 一体どういう意味ですか、それ?

Fumiko: 減税と、補助金と、私達のような会社に対する政府投資が組み合わさった政策のようですよ。

Barry : どうりで、うちの株も上がって当然ですね。

Fumiko: ええ。間違いなく私達にとっては大きなチャンスですね。
*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*====*

▼会話に出てきたポイントCHECK▼

●go through the roof 急上昇する
言葉通り「屋根を突き抜ける」かのように、通常主に価格などが急騰すると
いう意味で使われます。

例)ふたりは金について話しています。
Alice : Gold is pretty cheap right now, I think I might buy some.
Donald: Sounds like a good investment, I think the price will go through the roof any day now.
Alice : 金が今とても安いから、買おうかと思っているの。
Donald: 良い投資なんじゃない、いつ値が急騰してもおかしくないと思うよ。

●what on earth (“what”を強調して)一体全体、まったく
通常、疑問文や否定分で”what”を強調したいときに使われ、”on earth”
は「一体」「まったく」などと訳すことができます。
“what in the world” も同じ用途で使うことが出来ます。

例)ふたりは散歩をしています。
Debbie: Hey! Look at that. What on earth is flying over there? Is it a bird?
Austin: Hmm, I don’t know. It’s not a plane either…
Debbie: ねえ!見てあれ。あそこに飛んでるものは一体何だろう?鳥かな?
Austin: うーん、わからない。飛行機でもないしね…

●sounds like ~のよう(に聞こえる)
聞いたことや説明されたことなどに対し、自分の意見や感想を述べる時に
使います。「~そうだ」、「~みたいだ」などと訳すことが出来ます。

例)ふたりは政治について話しています。
James : The government just passed the “Luxury Goods Revenue Act”.
Samantha: Sounds like higher taxes to me.
James : 政府がたった今「贅沢品歳入法」を通したよ。
Samantha: 私には増税と聞こえるわ。

●a big break 大きな幸運
“break”には「休憩」、「破損」などさまざまな意味がありますが、
「運」という意味もあり、 “a big break” で「大きな幸運」、
「大きなチャンス」という意味になります。

例)ふたりは学校の大切な課題について話しています。
Gary: I was really worried that I wouldn’t be able to finish,
   but the snow day yesterday gave me extra time.
Bart: You should be more careful though, you can’t depend on getting a big break every time.
Gary: 終わらないんじゃないかと本当に心配だったけど、昨日の雪が追加時間をくれたよ。
art: でももっと気を付けた方がいいよ、毎回幸運を当てには出来ないんだから。

(記事提供:Gabaマンツーマン英会話)


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!