“Call it a day”1日の終わりに使いましょう[ビジネス英会話]

“Call it a day”1日の終わりに使いましょう[ビジネス英会話]

あなた:So, I’d like to proceed to the next agenda.
(それでは、次の議題に進みたいと思います)

相手:I’m afraid our time is up. We got another appointment.
(残念ですが、もう時間になってしまいました。次の予定がありまして)

あなた:Oh, understand. Then, let’s call it a day.
(わかりました。では、今日はこのくらいで終わりにしましょう)

相手:When shall we have our next meeting?
(次の会議はいつにしましょうか?)

“agenda” は「議題」「議案」などの意味で、最近では「アジェンダ」と、
日本語としても使われるようになってきています。
“Time is up” は「時間切れ」「時間がなくなった」の決まり文句です。

“Call it a day” は、
「このあたりで終わりにしましょう」
「今日はこのくらいで終わりましょう」という意味で使われます。
会議の終わりや1日の仕事が終わるときなど、終わりを告げる合図として
使うのに大変便利な表現です。

“appointment” はビジネスでの「約束」「予定」として使われる言葉で、
最近は、「アポ」や「アポイント」と、日本語としても使われるように
なっています。


英会話教室ナビでは、全国の英会話教室を都道府県・市区町村、路線から検索する事が可能です。
ご自宅の近く、職場の近くの英会話教室を探して、資料請求(無料)することも可能です。
下記ボタンから、是非ご利用ください。

英会話教室を探す!

英会話教室を探す!