2012年4月 | ニューストピックス

ニューストピックス

日本語お断りの「英語村」!?

2012年04月11日

鳥取市にある鳥取環境大学は4月9日より、英語のネイティブスピーカーが常駐し、交流を楽しみながら英会話習得を目指す「英語村」を開くとのこと。 使っていい言葉は英語だけ、という環境の中で学ぶことで、実践的な英会話力を身につけ、国際社会に対応できる学生を育てていくのが狙い。 英語村は、若葉台キャンパスの学生センター内の一室に設けられ、英語圏出身の外国人スタッフ数人が常駐。室内には、英語のマンガ・ファッション誌、音楽雑誌など150冊が並ぶ他、洋画のDVDなどを用意。これらのコンテンツを利用して、外国人スタッフとのコミュニケーションを楽しめるような仕組みになっています。 今回の取り組みは、前年度の公立化に伴う大学改革の一環として検討、実現。過去に同じように先駆的な取り組みをした近畿大学が2006年に開設した「英語村イーキューブ」を参考にしたもの。 鳥取環境大では昨年開催したオープンキャンパスで、試験的に英語村を開き、企画を練り上げてきたとのことです。 今後は、夏休みなどの長期休暇を活用して、小・中・高校生の他、地域の住民らを対象にした一般開放のイベントも計画。クリスマスやハロウィーンなどにイベントを開催する予定とのことです。

英会話教室を探す!