2010年6月 | ニューストピックス

ニューストピックス

英語学習にパソコンを活用

2010年06月14日

日経BP社が運営しているビジネスパーソンのパソコン情報活用サイト『PC Online』では、同サイト読者がパソコンを利用して英語学習にどう取り組んでいるのかというアンケートを実施しました。その結果、4割強の人が英語学習にパソコンを活用していることが分かりました。 アンケートの実施期間は2010年3月19日~28日、回収件数は396件。回答者の約9割が男性で、年齢は30~50歳代の割合が多かったようです。 「学習の目標」についての質問では、「日本人(日本語話者)以外の人たちとコミュニケーションを取る」が34.6%、「仕事に必要な書類、Webサイトや資料を読みこなす」が29.3%と、全体の64%の人が英語を話す、読むことを目標に学習していることが分かりました。英語を書くことに対する意識は低いようでした。 「学習の方法」に関する質問では、パソコンが44.2%、iPodなどの携帯プレーヤーが37.4%となっており、ラジオや専門雑誌、書籍などはそれを下回りました。そして、気になる「月々の出費」では、「使っていない(無料コンテンツで済ます)」という人が57.6%にも上るという結果が出ました。 今やビジネスパーソンにとって必須ともいえる英語。インターネット上には英語学習に役立つ膨大な数のコンテンツがあり、学習効率を上げることができるパソコンは心強い見方であることは確かなようです。

英会話教室を探す!